タパス


この頃、常々思うのですが、

カルマヨガを実践するって、時に、ものすごくタパスだなと。

《カルマヨガ》って、

行動の結果には執着しない、見返りを求めない。

《タパス》って、

困難な状況に遭遇しても、逃げ出すのではなく上手く受け入れる、乗り越える。

説明し出すとキリがないのでざっくりと意訳してしまっているけど。

困難な状況が長〜く続く時はとっても大変です。

あの手、この手を使って、その状況と日々向き合って行かなければなりません。

しかも困難な状況を乗り越えられる!という結果は期待せず淡々と。

時に無力感が生じ、ものすごく落ち込んで逃げ出したくだってなるでしょう。

タパスは日本語で苦行と訳されるけど、上のような状況はまさしく苦行だなと

思ってしまうわけなんですけど、、、。

なんで、苦行だと思ってしまうんでしょうか???

多分その状況がずぅーと続いていくような心持ちになってしまうからかな?

自分がいっぱいいっぱいになっている時は視界が狭くなります。

その状況がこの先10年、20年もしくは自分の人生の終わりまで続くわけでは

ないだろうに、無意識に続くような境地になってしまいます。

万が一、人生の終わりまで続くとしても、今の時点ではどうなるかわからないことなので

未来のまだ起こってもないことまで悩む必要はありません。

カルマヨガってタパスよね、、、と思ってしまう時のオススメの気づきは、

《諸行無常ー世の中のあらゆる事物は、絶えず変化していくものー》です😌!!!

Yogabeing は、、、

中野区・豊島区に程近い新宿区落合エリアのプライベートヨガ教室

南房総・千葉県鴨川市の海の見えるスタジオでもヨガレッスン開催

最寄り駅は、

大江戸線 落合南長崎 新江古田 東中野

西武新宿線 中井 新井薬師前 下落合

西武池袋線 東長崎 椎名町       

徒歩・自転車圏内。目白大学から徒歩圏内。

プライベートでのファミリーヨガ・お子様連れヨガ・

マタニティヨガ・産後ヨガ・骨盤底筋トレーニングヨガ

なども日時応相談で承ってます!

お気軽にお問い合わせ下さい✨


Copyright ​©  Yogabeing All Rights Reserved